島根の漫画部

島根から世界へ

スポンサーリンク
MENU

ガンダムAGEのプラモを定価で購入

プラモ屋に行ったら、久々に欲しかったプラモを購入できた。

鳥取県倉吉市】ホビーショップねねね

・ホビーショップねねねとは

f:id:KSNsenpai:20220415223442j:plain

ホビーショップねねね

自分がよく行く鳥取県倉吉市のプラモ屋である。
ガンプラ、戦車、飛行機、車、ミニ四駆から美少女系まで幅広く、品ぞろえは豊富。
定期的にミニ四駆大会を開催しており、島根の有名なプラモ屋「地球堂」の店長も参加しているらしい(笑)
このプラモ屋での出来事は、下記の別ブログでも紹介している。

ksnsenpai.hatenablog.com

ksnsenpai.hatenablog.com

○【島根県浜田市】地球堂模型

www.chikyudo-mokei.com

・アクセス

アクセスは下記参照である。
なお、駐車場はお店の前ではなく裏に停めてください。

goo.gl

今回購入したプラモ

今回購入したプラモは、ガンダムAGEの「シャルドール改」と「Gエグゼス」、超時空要塞マクロスの「戦術ポッドグラージ」である。
例によって、ガンプラは超品薄状態が続いている。
シャルドール改は、久々に作りたかったキットであるが、まさか定価購入できるとは思っていなかった。
そもそもガンダムAGEのプラモって再販してたのか。
偶然今日が商品入荷日であり、運が良いと店主が話していた。
ガンプラは入荷したその日にほとんどが売れてしまうそうだ。

f:id:KSNsenpai:20220415230528j:plain

ガンプラを千円台で購入できたのは久々だ

f:id:KSNsenpai:20220415230635j:plain

 

やっぱ厳しいんだな・・

現在ガンプラは全国各地で"超"がつくほどの品薄状態となっており、ほとんどのキットが中古屋等で定価以上の価格で売られている。
店主に色々と伺うと、そもそも問屋からの入荷が難しくなっており、希望していない商品もまとめて入荷しないと、希望の商品を確保できない状態とのことである。
しかも、同じキットの入荷は1~2個までが限度。
昔は注文した分だけ入荷できたが、今はこの有り様。。
こんな状況の中でプラモ屋を経営している店主たちには頭が下がる思いだ。

余談:ガンダムAGEとは

機動戦士ガンダムAGE』(きどうせんしガンダムエイジ、英: MOBILE SUIT GUNDAM AGE)は、2011年(平成23年)10月9日から2012年(平成24年)9月23日までMBS・TBS系列にて放送された日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。有人ロボット兵器同士による宇宙戦争を描いた、「ガンダムシリーズ」作品の一つ。キャッチコピーは「三つの運命が 歴史になる___」。全49話。平均視聴率は2.56%。
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

ガンダムAGEは、ガンダムシリーズのテレビアニメとしては通算14作目に当たり、主役MSであるガンダムが、同じ血筋を持つ3人の主人公によって乗り継がれる100年3世代に渡るストーリーであり、それに伴いガンダムもAGE-1からAGE-2、AGE-3、そしてAGE-FXへと進化していくといったストーリー。
制作は「イナズマイレブン」等で有名なレベルファイブが担当していたが、キャラクターデザイン等がガンダムファンに受け入れられず、商業的には不振に終わっている(自分が見た限り)。

しかし、MSのデザインは非常に良い。
特に個人的には連邦軍量産機のバリエーションが豊富であり、デザインもとても好みであった。
主人公しかガンダムに載らない王道パターンであり、その分脇を固めるのはGMタイプの量産機である。
ジェノアス、ジェノアスⅡ、シャルドール改Gエグゼス、アデル等、放送当時量産機を買い漁っていた。
また、量産機に乗る脇役キャラも良キャラが多く、特にラーガン・ドレイスやアリーサ・ガンヘイル、オブライト・ローレインは自分のお気に入りのキャラだった。

○まだ公式サイトが生き残っていた。久々に見たくなってきた。

www.gundam-age.net